初回ご相談無料!お問い合わせはこちら

労働保険事務組合・農業労災

労働保険事務組合とは?

労働保険事務組合は、労働保険の加入手続きから保険料の申告納付等、労働保険に関する手続きを事業主にかわって行います。社会保険労務士法人 たんぽぽ会でも中小企業事業主等の組合の労働保険事務組合たんぽぽ会を昭和53年4月1日に設立し、建設の事業を行う方のためのビルダー安全協会、特定農作業従事者の組合のアグリ安全協会、指定農作業従事者の広島県内農業従事者労災保険加入組合の4組合を運営しています。

労働保険事務組合たんぽぽ会加入のメリット

事業主、自営業者の方も
労災保険に加入できます。
(特別加入制度)

特別加入制度は、労災保険の適用外である事業主や自営業者が特別に加入することができる制度であり、労働保険事務組合に加入しなければ、特別加入することはできません。

労働保険概算保険料を
3回に分けて
納付できます。

労働保険の概算保険料は40万円以上でなければ分割納付できませんが、事務組合に委託することにより、金額にかかわらず分割納付することができます。

事務処理の負担が
軽減されます。

事務組合が一括して事務処理をしますので、事業主の事務処理負担が格段に軽減されます。

労働保険事務組合へ委託する際に発生する事務費

年間事務費として、労働保険概算保険料の7%(上限51,000円、下限12,000円)がかかります。
また、初年度(入会時)のみ入会金として20,000円を概算保険料と一緒に納付することになります。

アグリ安全協会とは?

広島県下の農業者、農業法人等が特別加入できる組織です。社会保険労務士法人たんぽぽ会では「アグリ安全協会」を設立して保険料の申告納付等、事務代行を行っています。

特別加入とは?

「アグリ安全協会」に加入し、特別加入することにより業務災害を被った場合に療養、休業、障害または死亡に関して給付が行われます。
下記の加入要件を満たす場合にアグリ安全協会に加入できます。

アグリ安全協会 加入要件

年間農業生産物総販売額300万円以上または経営耕地面積2ヘクタール以上の規模(この基準を満たす地域営農集団などを含む)で、①土地の耕作、開墾②植物の栽培、搾取③家畜や蚕の飼育の作業のいずれかを行う自営農業者(労働者以外の家族従事者などを含む)であって、次のアからオまでの作業に従事する方をいいます。

  • ア. 動力により駆動する機械を使用する作業
  • イ. 高さ2メートル以上の箇所での作業
  • ウ. サイロ、むろなどの酸素欠乏危険場所での作業
  • エ. 農薬の散布作業
  • オ. 牛、馬、豚に接触し、または接触する恐れのある作業

「アグリ安全協会」へ加入すると、農業者が業務災害を被った場合に療養、休業、障害または死亡に関して給付が行われます。

労働保険事務組合へ委託する際に発生する事務費

年間事務費として1つの組織ごとに年会費を徴収させていただきます。また、初年度のみ(入会時)入会金として20,000円必要です。(対象は認定農業者や農事組合法人、株式会社になります。)

広島県内農業従事者労災保険加入組合とは?

広島県下の農業者が特別加入できる組合です。平成21年4月に「指定農業機械作業従事者」用特別加入団体が県下統一されました。社会保険労務士法人 たんぽぽ会では、広島県内農業従事者労災保険加入組合を運営し保険料の申告納付等、事務代行を行っています。
下記の加入要件を満たす場合に広島県内農業従事者労災保険加入組合に加入できます。

広島県内農業従事者労災保険加入組合加入要件

自営農業者(労働者以外の家族従事者などを含む)であって、次の機械を使用し、土地の耕作、開墾または植物の栽培、採取の作業を行う方をいいます。

  • 動力耕うん機その他の農業用トラクター
  • 動力溝堀機
  • 自走式田植機
  • 自走式スピードスプレーヤーその他の自走式防除用機械
  • 自走式動力刈取機、コンバインその他の自走式収穫用機械
  • トラックその他の自走式運搬用機械
  • 次の定置式機械または携帯式機械
    ・動力揚水機
    ・動力草刈機
    ・動力カッター
    ・動力摘採機
    ・動力脱穀機
    ・動力剪定機
    ・動力剪枝機
    ・チェーンソー
    ・単軌条式運搬機
    ・コンベヤー
  • 無人航空機(農薬、肥料、種子、もしくは融雪剤の散布または調査に用いるものに限る)

広島県内農業従事者労災保険加入組合に加入すると農業者が指定の農業機械を使用し、土地の耕作、開墾又は植物の栽培、採取の作業中に災害を被った場合に療養、休業、障害または死亡に関して給付が行われます。

労働保険事務組合へ委託する際に発生する事務費

年間事務費として農業者1名ごとに1,000円徴収させていただきます。また、初年度(入会時)のみ入会金として1,000円必要です。

ビルダー安全協会とは?

労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする一人親方その他の自営業者及びその事業に従事する方で建設の事業を行う方(大工、左官、とびの方など)が特別加入できる組合です。社会保険労務士法人 たんぽぽ会では一人親方労働保険事務組合 ビルダー安全協会を設立して運営し保険料の申告納付等、事務代行を行っています。加入できるのは一人親方で建設の事業を行う方(大工、左官、とびの方など)です。

一人親方がビルダー安全協会に加入すると、業務中に災害を被った場合に療養、休業、障害または死亡に関する給付が行われます。

労働保険事務組合へ委託する際に発生する事務費

事務費として、月額2,000円(年間24,000円)を徴収させていただきます。
また、初年度(入会時)のみ入会金として20,000円必要です。

お電話でのお問い合わせ 082-874-8947 受付/平日9:30〜18:00
メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら