就業規則や賃金体系

賃金体系や就業規則の見直し、再構築

会社の成長には社員の能力意欲が存分に発揮できる職場のルールづくりが必要です。貴社の経営理念やビジョンに沿って、「やる気を起こし会社業績がアップする」就業規則を提案します。また、最近増加している個別労働紛争の多くは、就業規則などの規程の不備から発生しています。「リスク対応の労働トラブルを未然に防ぐ」、就業規則等を提案します。

  • 社員がもっとやる気の出る賃金体系にしたい。
  • 会社の法的なリスクを減らしたい。
  • いろんな雇用形態を採用していきたい。
  • 社員の能力を重視した就業規則にしたい。
  • 労使双方が納得する就業規則を提案、作成してほしい。
  • 情報漏洩やパワハラ・セクハラに関する規定を入れたい。
  • 不利益変更はできるのだろうか。
  • ひな型での就業規則では不安だ。
  • 問題社員にメスを入れたい。
社会保険労務士法人たんぽぽ会へご相談ください

会社、従業員双方にとって、有益な形を提案します。
従業員とのトラブルを未然に防ぐことができます。

社会保険労務士は、労働基準法等の関係法令はもとより主要労働判例、
解釈等に精通しており、企業の実体に合った就業規則の作成を行います。

就業規則は、労働基準法の規定により、法人事務所、個人事務所を問わず常時10人以上の従業員を雇用する場合、事業主に作成が義務付けられている、いわば職場の憲法です。
H20年3月1日より労働契約法が施行され、労働契約に関して民事的ルールが明確になりました。
個別の労働関係の安定の為にも、労務管理のプロである社会保険労務士の知恵や知識が必要ではないでしょうか。また、業績アップには、賃金規程の再構築は避けることができません。当社では、状況、ご事情、業種、規模などを、詳しくお聞きして、最適な方策を提案させていただきます。
長年の経験と実績により、ご満足いただけるシステムを提供できるものと確信しています。会社の業績が良いときが変革のチャンスです。会社の業績が悪いときは、変革なくして脱却はできません。

お気軽にお問い合わせください