労働トラブルのご相談

労働相談

採用から退職・解雇までの雇用管理上のトラブルの防止と対策を行います。

労働問題はある日突然起こります。退職した従業員が未払い残業代を求めてくる 解雇された従業員が解雇事由について納得できない 会社側の指示を聞かない従業員がいる ある日、退職した社員から突然、内容証明が送られてきた

どうしたらよいか?というご相談が最近増えています。 近年、特に中小企業において解雇、退職勧奨、労働条件の変更といったことを原因とする労働者と会社の間での紛争が増加の一途をたどっています。これは、景気の低迷による労働条件の変化や、労働者の方々の意見の意識の変化を背景としたものです。まずは、労働トラブルがおこらないようにどうするかご相談ください。 残念ながら労働トラブルがおこってしまったとき、社会保険労務士法人たんぽぽ会は事業主様と寄り添って解決の方法を提案していきます。

個別労働関係紛争

個別労働関係紛争の未然防止や解決の援助、紛争解決代理業務を行います。 ただし「紛争解決代理業務」を行う事ができるのは特定社会保険労務士のみです。

「紛争解決手続代理業務」の内容
  • 個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続の代理
    (紛争価額が60万円を超える事件は弁護士の共同受任が必要)
  • 個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行うあっせんの手続の代理
  • 男女雇用機会均等法、育児・介護休業法及びパートタイム労働法に基づき都道府県労働局が行う調停の手続の代理
  • 個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行うあっせんの手続の代理
  • 上記代理業務には、依頼者の紛争の相手方との和解のための交渉及び和解契約の終結の代理を含む。

お気軽にお問い合わせください