よくいただくご質問

皆様より、よくいただくご質問をまとめました。

そちらはどんな会社ですか?

 広島市安佐南区東原にある社会保険労務士法人です。
代表者は、特定社会保険労務士で瀬川といいます。
女性ならではの親切、丁寧にきめ細かいサービスを提供しています。
職員は皆、面倒見がよくて、頑張り屋です。
ご相談、手続きには、専任の担当者が寄り添う形でお役立ちさせていただきます。
これまで大きな企業から創業間際の中小企業まで、たくさんのお手伝いをさせてもらいました。
一番大きな企業で従業員数1500人規模から、代表取締役社長お1人の企業まで、ご縁を持たせていただいた企業数は500社を超えています。

依頼層は、企業ですか?個人ですか?

 ご依頼の95%は、企業からです。

社会保険労務士って何ですか?

主に企業のお手伝いとなりますが、社会保険関係の法令に精通し、 適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導をおこなう専門家です。

とても小難しい表現が多くなりますので、詳しいご説明は控えます。
よろしければ、社会保険労務士会連合会など、ご覧ください。

■社会保険労務士会連合会  http://www.shakaihokenroumushi.jp

何を頼めるのでしょうか?

 具体的に、何を頼めるのか、分かりにくいかもしれませんね。

《創業間際の場合》

  1. 一大決意をして会社を作りますよね。でも、作るとき、裕福な人はそうそういません。
    国は、創業される方に対して、助成金制度を設けています。
    助成金制度は、とても複雑で分りにくいものです。
    「どんな助成金に該当するのか」分りやすく説明するところから、ご相談をお受けしています。
  2. でも小さい会社には、そんなものはありません。
    でも。労務の手続きは発生します。どうすればいいのでしょう?
    そんな時当社へご相談ください。創業してから人の雇い入れ、給与の計算などニーズに応じていろいろお手伝いができます。

《既存の企業の場合》

  1. 近年、解雇問題を始めとして労使トラブルは増えています。
    もし損害賠償が生じた場合、会社が存続危機に陥ることもあるんです。
    本業以外で足元をすくわれてはたまりません。
    労使トラブルを未然に防ぐための、コンサルタント業務も当社へお任せください。
  2. 大きな会社だと総務部や経理部がありますね。これらの部署へ人員を置いて、社会保険事務を行うことが、良いケースと悪いケースがあるんです。
    主にコスト面です。正社員を雇い続けてゆくコストと、アウトソーシングするコスト、どちらが優れているのでしょうか?試算してみたい、アウトソーシングしたい、という企業からのご相談を承っています。
    私たちは労務管理に関する専門の法律家として対応して、アウトソーシングの方が絶対優れていると自信を持っています。

お気軽にお問い合わせください